« 忙しくて | トップページ | バッシングの矛先 »

2007年10月17日 (水)

亀田と内藤

 ひさーしぶりの投稿です。仕事が忙しかったのもありますが、ここのところずっと体調がおもわしくなく、更新する意欲が沸いてこなかったもので。でも、久びさにスポーツ界でホットな話題があるんで、書きたくなりました。

 ボクシング・亀田一家と内藤の話題。先日、本人は1年間の出場停止、パパは無期限のライセンス剥奪の処分が下されました。この問題については、国民総評論家って感じで、皆がいろいろな意見を言ってますが、大勢としては、亀田親子バッシングですね。僕の意見を言うと、まず、亀田兄弟はとても素直な子たちだと思いますね。個人的に好きなタイプの人たちじゃないけど。でも、、父親に対して従順で、不思議なほど反抗的なところがない。いまどき珍しいんじゃないかな。たぶん、純粋な子たちなんだと思う。僕の目には親のいうことをよく聞くいい子たちのように映りますね。まあ、だからやっぱりパパの責任なのかなあ。これから親の元を離れて、教育されれば、けっこう劇的に変わるんじゃないかな。ただ、長男は別にして、大毅はあまりボクシング好きじゃないように見えますね。絵がうまかったりして他の才能もあるみたいだし、今回のことをいいきっかけにして、ほかの道に進んだほうがいいと思います。皮肉じゃなくて。

 というか、今回の問題で一番悪いのは、パパでもジムでも本人でもなく、TBS!とにかく、TBSを中心としたマスコミが諸悪の根源です。エリカじゃないけど。盛り上げるだけ盛り上げて、態度が悪いところも含めて好意的に取り上げておいて、問題になったら手のひらを返したように批判してる。恥ずかしくないのかね、情けない。今度は内藤をヒーロー扱いし始めたけど、彼も気を付けたほうがいい。結局、マスコミに使い捨てされる可能性もあるんだから。マスコミの端くれだったものとして、余計腹が立ちます。

 ということで、せっかく好きなスポーツの話題なんで、今度は感動したことなんか書きたいですね。ではまた。

« 忙しくて | トップページ | バッシングの矛先 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

私、ボクシングやってたことがあります。ボクシングって、傍で見てるほど簡単なスポーツじゃないんです。殴られれば、どんなに大きなグローブをはめていたって、脳みそがグラっときますし、鼻の奥でキナ臭い匂いがします。ダウンすれば、苦痛を通り抜けてトリップするような異次元の感覚まで味あわされます。そんな中でやっぱり、強いやつと弱いやつというのはハッキリとしています。試合をすれば、最初にグローブを合わせた時点で「こいつにはかなわない」とわかるものです。ハッキリとした弱肉強食の世界なんです。今回の内藤=亀田戦もそうでしたね。素人の方でも数ラウンド見ればどっちが強いか判ったと思います。亀田は「負ける」と分かった時、自分を殺す勇気がなかったんでしょう。殺されても最後まで戦う勇気がなかったんだと思います。殺されても戦う勇気って、その人の人生から出てくるものなんですよ。
そうそう、がんばれ元気読んでみて下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211802/16784798

この記事へのトラックバック一覧です: 亀田と内藤:

« 忙しくて | トップページ | バッシングの矛先 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック