« 引退会見に思う | トップページ | 最年少王者 »

2010年2月12日 (金)

服装の乱れ

バンクーバー・オリンピックのスノーボード(ハーフパイプ)日本代表の国母和宏選手が「服装の乱れ」を注意され、選手村入村式の参加を自粛しました。朝青龍の引退騒動に続き、また、スポーツ選手の競技以外での行動が問題になったケースです。

この国母選手については、今までよく知らなかったのですが、メダルを狙えるなかなかの有望選手のようで、ただ、これまでもその言動が問題になることの多い、いわゆる「札付き」選手だったようですね。

国母選手の場合は特別としても、スノーボード選手の傾向として、自由奔放というか、少し普通の日本人の感覚とはずれている感じはします。それがいいか悪いかは別として。

やはり、競技の性質や出どころ(その競技自体が生まれ育った場所や環境など)によって、競技者のキャラクターに違いが出てくるのは、自然なことなのでしょう。国母選手の場合も、日本以外のもっとスノーボードにゆかりのある地域(どこかは知りませんが)の風土では、これほど問題にならなかったのかもしれません。スノーボーダーの場合、彼に限らずあまり代表選手っていう意識はなくて、ある意味純粋にスノーボードが好きなだけの、若者たちなのかもしれません。

しかし、かく言う自分も、ジャニーズあたりの若いタレントが帽子のツバを後ろ向きにして野球する姿を見ると“野球を冒とくしやがって”と思いますから、やはり、その競技への思い入れによって、見方も違ってくるんでしょうね。

まあ、国母くんの服装のことはさて置き、オリンピック・フリークとしては、今回も日本代表には期待してます。特に選手団の主将を務めるジャンプの岡部選手なんかは同世代だし、ぜひ頑張ってほしい!

« 引退会見に思う | トップページ | 最年少王者 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211802/47549072

この記事へのトラックバック一覧です: 服装の乱れ:

« 引退会見に思う | トップページ | 最年少王者 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック