« 最年少王者 | トップページ | スポーツと脳 »

2010年3月 3日 (水)

バンクーバー

バンクーバーオリンピックが閉幕しました。夏の五輪に比べれば、どうしても日本では注目度の低い冬季五輪ですが、今回は浅田真央ちゃんというヒロインがいたこともあり、何とか最後に盛り上がった感じです。というか、彼女のようにマスコミが騒ぐキャラクター、つまり人気と実力を両方持った選手が他にいなかったということですが。

終わってみれば、中国、韓国が躍進する中、日本は結局、金メダルをひとつも獲得することが出来ませんでした。しかし、これは選手の頑張りがどうのという話ではなく、マイナーなウィンター競技に国として力を入れていない中で、当然といえば当然の結果といえます。国民が何を望むかで、国の方針が変わることもあるでしょう。

ただ、スポーツの見方はいろいろあって、個人的には今回のオリンピックも充分堪能しました。もちろん、日本人選手に勝ってほしい、メダルをとってほしいという思いは共通ですが、一度競技が始まってしまえば、そこには勝ち負け以外の様々なものを見ることができます。

競技に望む選手の真剣で純粋な瞳、苦しかっただろう鍛錬の日々が想像されるスケート選手の太ももの張り、あるいは、機能性を追求し余分なものを全て削ぎ落とした結果、見た目にもカッコもよくなった競技用スーツとか。

競技結果以外のものが、感動させてくれることは少なくありません。日常、例えば毎日の通勤電車や職場や学校では見ることのできない、そして、とても文章では形容することのできない、人間の輝いた表情、美しい姿がそこにはある訳です。

テレビのコメンテイターの話にただ頷いているだけでは、本当のスポーツの醍醐味は味わえない。じっくりと、自分独自の見方を追究するのもいいものです。

« 最年少王者 | トップページ | スポーツと脳 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211802/47716759

この記事へのトラックバック一覧です: バンクーバー:

« 最年少王者 | トップページ | スポーツと脳 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック